ラオスのアイドル、熊本県庁でミニライブ 直行便をPR

©株式会社熊本日日新聞社

県庁であったミニコンサートで歌声を披露する「LAO NAVY」のメンバーたち=9日、県庁

 ラオス初の女性アイドルグループ「LAO NAVY(ラオネイビー)」が9日、熊本県庁プロムナードでミニコンサートを開き、日本語とラオス語を織り交ぜた歌で、来庁者を楽しませた。

 メンバーは7人で、いずれもラオス在住の14~21歳。8月にグループを結成したばかり。この日は濃紺(ネイビー)色のそろいの衣装で登場し、2曲を披露して笑顔を振りまいた。

 ラオスと熊本空港間は来年3月に、日本初となる定期直行便が就航予定。メンバーのアミさん(20)は「(直行便は)とても便利になる。また日本に来たい」と話し、両国のかれんな懸け橋役として、直行便をPRしていた。(馬場正広)

(2019年12月10日付 熊本日日新聞朝刊掲載)