コロンボのポートシティー・プロジェクトを全力で推進 スリランカ首相

©新華社

コロンボのポートシティー・プロジェクトを全力で推進 スリランカ首相

 コロンボのポートシティー・プロジェクトの全景。(11月28日撮影、小型無人機から)(コロンボ=新華社配信)

 【新華社コロンボ12月9日】中国とスリランカが共同で開発と建設を進めるコロンボのポートシティーで7日夜、色とりどりの花火が輝く中、同地がスリランカの恒久的土地になったことを記念する祝賀式典が盛大に行われた。スリランカのマヒンダ・ラジャパクサ首相と中国の程学源(てい・がくげん)駐スリランカ大使が揃って出席した。

 コロンボのポートシティーはスリランカと中国が進める「一帯一路」重点協力プロジェクトで、埋め立て・覆土方式によりコロンボに近接する沿海部に新市街を建設する計画。プロジェクト完成後は金融・観光・物流・ITなどが集約された南アジア地域のハイエンドな複合都市となる見通し。(記者/唐璐)

コロンボのポートシティー・プロジェクトを全力で推進 スリランカ首相

 7日、スリランカのコロンボにあるポートシティー・プロジェクトのショールームに展示された建築模型の前で説明を聞く同国のマヒンダ・ラジャパクサ首相(前列中央)。(コロンボ=新華社記者/唐璐)

コロンボのポートシティー・プロジェクトを全力で推進 スリランカ首相

 7日、コロンボのポートシティーで行われた花火ショー。(小型無人機から、コロンボ=新華社配信)

コロンボのポートシティー・プロジェクトを全力で推進 スリランカ首相

 7日、コロンボのポートシティーで行われた花火ショー。(小型無人機から、コロンボ=新華社配信)

 7日、スリランカのコロンボで、スリランカ郵政局がポートシティーのためにデザインした切手と初日カバーの発行に立ち会う同国のマヒンダ・ラジャパクサ首相(右から4番目)。(コロンボ=新華社配信/アジト・ペレラ)