小矢部で「イヤボイ」 ラグビー日本代表、中島選手がトーク

©株式会社北國新聞社

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で史上初のベスト8入りを果たした日本代表の中島イシレリ選手=トンガ出身=を招いたトークショーが8日、小矢部市の三井アウトレットパーク北陸小矢部で開かれた。中島選手が日本大会を振り返り、エピソードを紹介した。

 中島選手は「まちで声を掛けられることが増えた。次回のW杯では34歳になるが、何とか再び出場できるよう頑張りたい」と語った。日本大会の印象的な場面として、ベスト8進出を決めたスコットランド戦で、「笑わない男」として話題になった稲垣啓太選手が奪ったトライを挙げた。

 自らの口癖である「yeaboii(イヤボイ)」も披露し、子どもたちと交流した。