2020年のiPhoneはより大容量なバッテリーを搭載

©ティー・クリエイション株式会社

AppleはiPhone 11で、これまでよりも大容量なバッテリーを搭載しました。iPhoneのバッテリー駆動時間はこれまで何度も議論になってきていたため、大容量化は多くの人にとってうれしいことでした。そしてこの流れは2020年にも引き継がれそうです。

Elecのレポートによると、2020年のiPhoneはよりバッテリーの大容量化を進めるということです。Appleは、現在のバッテリー保護モジュールよりも50%薄くて小さいカスタムバッテリー保護モジュールを採用する予定です。

この結果、スマートフォン内のスペースが少し空くことに。このスペースを使ってより大容量のバッテリーを搭載するということのようです。Jony IveがAppleを去ったことで、デザインに変化が起きているのかもしれません。

同氏はデザイン設計の第一人者として、端末を薄くすることに力を入れていました。これによって大きなバッテリーの搭載は難しいという事情がありました。しかし、彼が去ったために少し端末を分厚くしても大きなバッテリーを載せようという方針に変わったのかも。

噂では、この他にディスプレイ内指紋認証や5Gの対応が囁かれています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら