<ベガルタ>渡辺監督が退任へ 事実上の解任

©株式会社河北新報社

退任会見をするJ1仙台の渡辺監督=9日午後9時55分ごろ、仙台市内のホテル

 サッカーJ1仙台は9日、渡辺晋監督(46)が今季限りで退任することを明らかにした。事実上の解任とみられる。仙台市内でのクラブ主催のパーティーの後、丹治祥庸強化育成本部長が表明した。理由は明らかにしていない。後任は未定。渡辺監督はクラブに残らないという。

 渡辺監督は同日夜に記者会見を行い、「クラブから(監督交代の)決断を通知され、受け入れる形になった」と説明。選手時代を含めて19年間所属した仙台に対して「長い間さまざまな経験ができ、感謝の気持ちでいっぱい。もっと良い恩返しをしたかった」と語った。

 仙台は今季、開幕から5戦連続未勝利と序盤につまずき、一時は最下位に低迷。ボールを保持して攻める戦術から守備重視の堅守速攻に転換して立て直し、11位で10季連続のJ1残留に導いた。

 クラブは今季最終戦だった7日のアウェー広島戦後から渡辺監督と面会し、退任が決まった。丹治本部長は「クラブとして監督を代える決断をした。J1で戦えるチームをつくったことに感謝している」と説明。決断の理由については「明らかにできない」とした。

 渡辺監督は東京都出身。1996年に駒沢大から札幌に加入し、甲府を経て2001年に当時J2の仙台に移籍。長身のセンターバックとして活躍し、J1昇格に貢献。04年限りで引退した。引退後は仙台のコーチなどを経て14年4月に監督になり、6季連続の残留を決めた。監督としてのJ1通算成績は67勝40分け91敗。