女子・伊藤 悲願の初優勝、男子は三箇が制す

道中学生新人バド室蘭地区予選個人戦

©株式会社室蘭民報社

女子シングルスで優勝した伊藤汐音

 第38回道中学生新人バドミントン競技選手権大会室蘭地区予選会の個人戦が7日、伊達市総合体育館で行われた。女子シングルスは昨季準優勝の伊藤汐音(室西)が悲願の初優勝。男子シングルスは三箇優弥(伊達)が頂点に立った。

 シングルスは男子48人、女子39人。ダブルスは男女各38組が出場。いずれもトーナメント。伊藤は女子シングルス決勝で松下望央(港北)と対戦。互いに1セットを取り合って迎えた最終セット。伊藤のスマッシュの威力が落ちることはなかった。地力の差を見せつけ21-10と突き放した。三箇は決勝で相手に1セットを奪われたが2セットを連取した。

 全道大会(1月10~12日・深川市総合体育館)は、シングルスとダブルスで男女いずれも上位3位までの選手が出場する。
(鈴木直人)

 結果は次の通り。

 【男子】
 ▽単 ①三箇優弥(伊達)②田部時生(同)③奈良宝(大滝徳舜瞥)
 ▽複 ①土田翔太・佐々木直都(伊達)②伊達﨑駿・七條蓮生(翔陽)③上田拓杜・佐々木遥斗(同)

 【女子】
 ▽単 ①伊藤汐音(室西)②松下望央(港北)③丹羽乙寧(登別幌別)
 ▽複 ①板東希咲・若井優依(伊達)②中村梨乃・渡辺優香(登別緑陽)③丹野佑菜・水戸桃羽(登別鷲別)