生産量日本一の八千代町の白菜をこの冬ぜひご賞味ください!

©株式会社VOTE FOR

◆八千代町では、白菜生産量日本一をPRするため、冬の時期に町内の各飲食店で“白菜キムチ鍋”を提供しています。店舗ごとに異なる美味しさをぜひ食べ比べてみてください!

これからの時期は、霜が降ることで中のデンプンが糖化して、より甘みと柔らかさのある白菜になります!カリウムも豊富で美味しい秋冬白菜をたくさん食べて元気に冬を過ごしましょう!

-天皇陛下の皇位継承に伴う大嘗祭で八千代町の白菜を供納しました-
11月14日の夕方から15日の明け方にかけて行われた、皇位継承の最重要祭儀である大嘗祭で神前に供えられる「庭積の机代物(にわづみのつくえしろもの)」として、八千代町の特産品である白菜が供納されました。常総ひかり農業協同組合園芸部連絡協議会の会長である小竹淳さんが育てた白菜は大切に収穫され、11月12日に皇居内の宮内庁へ納められました。
※庭積の机代物大嘗祭に各都道府県からお供えされる特産物(農産物、水産物等)

「一生に一度あるかないかのことで、恐れ多くも大変光栄に思います。この様な機会に巡り合えたことはとても幸せです。大切に育てた白菜をぜひ召し上がっていただきたいです」
小竹淳(じゅん)さん

◇各店舗の詳細は、町公式ホームページでご確認ください。