トイレ掃除の新時代!? ブラシを使わないトイレの掃除方法

©株式会社マイナビ

こんにちは。トイレ掃除はいつも自分がトイレに入ったと同時に行っていますankoです。おかげでトイレに一旦入るとなかなか出てこないので、忙しい朝はトイレ渋滞がよく起こります。

さて、トイレ掃除といえば、トイレブラシを使っているという方が最も多いのではないかと思います。我が家も数年前まではそうでした。

しかしながらこのトイレブラシ。普段トイレは掃除するけれど、肝心なトイレブラシの掃除をしていない、もしくはしたことがないという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

トイレブラシの置き場も、大概のお宅でトイレの隅の方に細々と追いやられているのをよく見かけます。置き場所に関しても、トイレが狭いと考えものですよね。

ではこのトイレブラシの掃除、もし一度もしていないとしたら、一体そのブラシはどうなってしまうのでしょうか?

トイレブラシには想像以上の菌がたくさん!?

一見きれいに見えるブラシであっても、便器の中を擦ったものですから、それはそれはすごい量の菌が盛りだくさんです。また、使った後のブラシがずっと濡れたままの状態で置かれていると、そこからまた新たな菌がわいてきます。

つまり、ブラシ自体が不衛生になりやすいということです。

毎回きちんとブラシを洗って乾燥させて……そんなふうに管理ができるのであれば、ブラシを置いておくのも一つかもしれません。また、100均などのトイレブラシで、あくまでも使い捨てと割り切る方法もあります。

けれども、掃除のたびにブラシを使い捨てていると、どうしてもコスパが高くなってしまいますよね。そこで我が家は、思い切ってブラシを手放すことにしました。

ブラシのかわりに取り入れた掃除方法とは?

ブラシを手放した我が家が実践した掃除方法。それは【素手】で掃除するということです。

素手といっても、使い捨ての手袋をはめているので、直接便器の中の水が手に触れることもありません。

使い捨ての手袋は100均などでも手に入りますが、私はドラッグストアでたくさん入ったものを購入しています。

手袋のメーカーによっては、水が中に染み出してくるものもあるので、そこは事前に確認した方がいいかと思います。

素手で洗うメリットとは?

素手で洗うことにより、冒頭でお話させていただいたトイレブラシのようなものを置く必要がありません。また、手袋自体も使い捨てであるため、衛生面に関しても気にせず行うことができます。

トイレブラシを使い捨てにする場合、一本単位なのでそれなりにコストがかかってきますが、たくさん入っている使い捨て手袋だと、コストも最小限に抑えることができます。

そして何よりのメリットは、素手でやることで、細かい部分まで掃除ができるということです!

我が家では、このようなよくあるキッチンスポンジを小さく切ったものを使って、便器の中を洗っています。

手袋を外すのと同時に、このスポンジも手袋の中に入れ込んで、あとはそのまま袋の中にポイ!

そうすれば手を汚すことなく、後処理も簡単に行うことができます。

普段の掃除は【ついで掃除】で

手袋をはめて便器の中をしっかり掃除するのは、だいたい週一ぐらいの頻度で行っています。普段の掃除は、自分がトイレに入る際に、除菌スプレーなどで便座や床などをササッと拭く程度。それでも毎日どこかしら拭いているので、意識せずともきれいが保てるという訳です。

普段はトイレに入るついでのちょこっと掃除。そして週末に手袋をはめてしっかり掃除。そうすることで、汚れを溜め込まず、そして無理のないペースで掃除をすることができます。

まとめ

いざ手袋をはめて便器の中に手を入れるとき、正直勇気がいるかもしれません。(私がまさにそうでした)

けれども、慣れてくればなんとも感じなくなるのが実際です(笑)。それに意外とこの方法、SNSなどでも多くの方々が実践されていているのをよく見かけます。

本来の掃除は、やはりきれいにすること。たとえば、普段歩いているフローリングなども、パパッとクイックルワイパーなどで拭いてしまえばラクですが、実際にかがんで目を凝らしてみると、隅の方など拭き残しも多いと思います。

【自分の手を汚してこそきれいになる】

それは実践して初めて感じる気付きなのかもしれません。

もしトイレブラシの掃除を今後どうしようか考えてらっしゃるのであれば、こうした方法もあるということを参考にしていただけたらと思います。