地域おこし協力隊通信 vol.12

©株式会社VOTE FOR

わたしたち協力隊の活動のようすをお伝えします。

■『思いが輝くとき』
地域おこし協力隊:笠島一郎(かさしまいちろう)さん・幸代(さちよ)さん

『三股町には何があるの?』と知人からよく聞かれます。
『長田峡かな?』と地域の人からよく聞きます。「このまちの大切な資源である長田峡をもっと多くの人に知ってもらいたい」。「新しい取り組みが始まっている事を感じてもらいたい」。そんな地域の思いがたくさん詰まった地域団体「長田峡きらめき隊」が、今年から活動を開始しています。2回目の開催となった長田峡ライトアップ。地域の皆さんで遊歩道の掃除や、ライト設置の手伝いをして盛り上げます。点灯日初日に開催されたオープニングセレモニ-に、東京から訪れていた友人も感動していました。大自然の景観を光の演出で輝かせる取り組み。地域から湧き上がる思いを丁寧に紡いで繋げていくことが、何よりも重要で、何よりも大切な表現(しごと)。言葉より大切なのはきっと行動です。