ダンス軽やか、カラオケ熱唱

室蘭市老人クラブ連合会集い

©株式会社室蘭民報社

正装の男女が息の合ったステップを見せたダンス・カラオケの集い

 室蘭市老人クラブ連合会(藤田佳伸会長、46クラブ)のダンス・カラオケの集いが6日、室蘭市中島町のホテルサンルート室蘭で開かれ、参加した男女が華麗なステップや歌声を披露した。

 市内の老人クラブ同士の親睦、交流を深め合う恒例イベント。クラブ会員やカジュアルダンス講座の受講生ら合わせて約80人が参加した。

 集いの冒頭、藤田会長は「平成6年の初開催から26回目を迎えた。日々研さんするダンスや歌声は素晴らしい。交流を楽しみましょう」とあいさつ。会食の後、ダンスタイムに入り、タンゴ、ディスコ、ルンバの軽快なサウンドに誘われて、正装の男女が軽やかで息の合ったステップを見せた。 カラオケタイムでは「紫陽花しぐれ」「ふたりの大阪」など、伸びやかな歌声を響かせ、大きな拍手を受けていた。
(粟島暁浩)