ヴォルターズ 第13節(11日)ホーム香川戦 ウッドベリー、徹底マーク

©株式会社熊本日日新聞社

 バスケットボールBリーグ2部(B2)西地区4位の熊本ヴォルターズは第13節の11日、熊本県の合志市総合体育館で同2位の香川ファイブアローズと対戦する。

 熊本は前節、東地区最下位の山形に1勝1敗。第1戦は終盤に高確率で得点を重ねて逆転勝ちしたが、第2戦は逆に第4クオーターの勝負どころでシュートが入らず競り負けた。

 今季の香川はB2トップの攻撃力を武器に、連敗なしの15勝6敗。かつて熊本にも在籍し現在、B2得点ランキング1位のテレンス・ウッドベリーと、リバウンドに強いケビン・コッツァーの両外国籍選手が攻守にけん引する。司令塔の兒玉貴通の得点力も侮れず、3人を中心に攻撃を組み立ててくる。

 一方、熊本はいまだに試合運びが安定せず、石川海斗が封じられると攻撃が滞る場面が目立つ。攻守で組織的に戦い、全員で局面を打開していくことが必要だ。キーマンのウッドベリーを徹底マークし、速いテンポで仕掛けたい。午後7時試合開始。(坂本尚志)

(2019年12月10日付 熊本日日新聞朝刊掲載)