『チェルノブイリ』が最多ノミネート数、放送局でいうとNetflixが強し!第77回ゴールデン・グローブ賞ノミネート発表

©株式会社WOWOW

現地時間2020年1月5日(日)に米ロサンゼルスにて開催される第77回ゴールデン・グローブ賞授賞式。その年の最も優れた映画とドラマを、ハリウッド外国人映画記者協会の所属会員が選定する同賞のノミネートが発表された。ここではテレビの部門のノミネート情報を紹介。

【ドラマ部門 作品賞】
『ビッグ・リトル・ライズ』
『ザ・クラウン』
『キリング・イヴ/Killing Eve』
『ザ・モーニングショー』
『キング・オブ・メディア』

【ドラマ部門 女優賞】
ジェニファー・アニストン『ザ・モーニングショー』
オリヴィア・コールマン『ザ・クラウン』
ジョディ・カマー『キリング・イヴ/Killing Eve』
ニコール・キッドマン『ビッグ・リトル・ライズ』
リース・ウィザースプーン『ザ・モーニングショー』

【ドラマ部門 男優賞】
ブライアン・コックス『キング・オブ・メディア』
キット・ハリントン『ゲーム・オブ・スローンズ』
ラミ・マレック『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』
トビアス・メンジーズ『ザ・クラウン』
ビリー・ポーター『Pose』

【コメディ/ミュージカル部門 作品賞】
『バリー』
『Fleabag フリーバッグ』
『コミンスキー・メソッド』
『マーベラス・ミセス・メイゼル』
『ザ・ポリティシャン』

【コメディ/ミュージカル部門 女優賞】
クリスティナ・アップルゲイト『デッド・トゥ・ミー ~さようならの裏に~』
レイチェル・ブロズナハン『マーベラス・ミセス・メイゼル』
キルステン・ダンスト『On Becoming a God in Central Florida(原題)』
ナターシャ・リオン『ロシアン・ドール:謎のタイムループ』
フィービー・ウォーラー=ブリッジ『Fleabag フリーバッグ』

【コメディ/ミュージカル部門 男優賞】
マイケル・ダグラス『コミンスキー・メソッド』
ビル・ヘイダー『バリー』
ベン・プラット『ザ・ポリティシャン』
ポール・ラッド『僕と生きる人生』
ラミー・ユセフ『Ramy(原題)』

【ミニシリーズ/テレビムービー部門 作品賞】
『Catch-22(原題)』
『チェルノブイリ』
『Fosse/Verdon(原題)』
『The Loudest Voice(原題)』
『アンビリーバブル たった1つの真実』

【ミニシリーズ/テレビムービー部門 女優賞】
ケイトリン・デヴァー『アンビリーバブル たった1つの真実』
ジョーイ・キング『The Act(原題)』
ヘレン・ミレン『Catherine the Great(原題)』
メリット・ウェヴァー『アンビリーバブル たった1つの真実』
ミシェル・ウィリアムズ『Fosse/Verdon(原題)』

【ミニシリーズ/テレビムービー部門 男優賞】
クリストファー・アボット『Catch-22(原題)』
サシャ・バロン・コーエン『The Spy(原題)』
ラッセル・クロウ『The Loudest Voice(原題)』
ジャレッド・ハリス『チェルノブイリ』
サム・ロックウェル『Fosse/Verdon(原題)』

【助演女優賞】
パトリシア・アークエット『The Act(原題)』
ヘレナ・ボナム・カーター『ザ・クラウン』
トニ・コレット『アンビリーバブル たった1つの真実』
メリル・ストリープ『ビッグ・リトル・ライズ』
エミリー・ワトソン『チェルノブイリ』

【助演男優賞】
アラン・アーキン『コミンスキー・メソッド』
キーラン・カルキン『キング・オブ・メディア』
アンドリュー・スコット『Fleabag フリーバッグ』
ステラン・スカルスガルド『チェルノブイリ』
ヘンリー・ウィンクラー『バリー』

作品別では、33年前の旧ソ連で起きたチェルノブイリ原子力発電所事故の真実に迫る実録ドラマ米HBOの『チェルノブイリ』が作品賞を含め4ノミネートで最多となった。本作は、今年9月に行われたエミー賞では19ノミネート、10部門受賞している。一方で、今年ファイナルを迎え、エミー賞ではドラマ・シリーズ部門で史上最多となる32ノミネートを果たし世界で注目を集めた『ゲーム・オブ・スローンズ』からは、キット・ハリントンの男優賞のみという寂しい結果に。

また、放送局別でみると、上記のHBOを作品を抜いてNetflixが17ノミネートで最多となっている。

Netflix 17
HBO 15
hulu 5
Prime Video 5
FX Networks 4
Apple TV+ 3
Showtime 3
BBC America 2
USA Network 1

(海外ドラマNAVI)

Photo: