平和への願い「白菊」に込め 太平洋戦争開戦から78年

©株式会社新潟日報社

戦没者を慰霊するために打ち上げられた「白菊」=8日、長岡市

 太平洋戦争の開戦から78年となった8日、新潟県長岡市の信濃川河川敷で戦没者を慰霊する白一色の花火「白菊」が打ち上げられた。

 市民有志でつくる実行委員会が企画し、2011年から毎年打ち上げている。午後8時前、白菊2発と世界平和を願う金色の花火1発が上がり、集まった人は手を合わせたり、歓声を上げて夜空を見上げたりした。希望が丘小の児童が学校で栽培した野菜を販売するなどして、費用を集めた白菊1発も上がった。

 同小6年の男子児童(12)は「戦争を絶対にしてはいけないと、多くの人に伝えたかった。二度と戦争が起きないよう思いをつなぎたい」と話した。