情報ひろば「NEWS」

©株式会社VOTE FOR

■河内長野市は安心♥安全のまち
市内の犯罪発生率の低さは、過去5年間の集計で府内33市のうち1位となっています。これは市民のみなさんによる見守り活動や青色防犯パトロール活動、防犯カメラの設置、特殊詐欺被害防止の通話録音装置の貸出、地域の交番などの取り組みによるものです。今後もまち全体で犯罪を防ぎましょう。

○南花台防犯ステーションが開設10周年
10月5日、南花台で防犯ステーション10周年式典が開催され、多くの人が集まり節目を祝いました。同ステーションはコノミヤ南花台店にあり、住民ボランティアが相談や通報などを受け付けています。代表の坂田さんは「10年間続けてこられたことをたいへん嬉しく思います。これからも、継続していきたいです」と笑顔で話していました。

○南花台防犯協力隊が受賞
10月11日、南花台防犯協力隊が内閣総理大臣賞を受賞し、10月15日、市長に報告に訪れました。これは毎日の地道な見守り・防犯活動の取り組みが認められたものです。隊員の野口さん、今須(いまず)さんは「今回の受賞はたいへん光栄です。子どもたちを見守ることで、こちらも元気をもらっています」と笑顔で話していました。

○河内長野防犯協議会が受賞
9月26日、河内長野防犯協議会が公益財団法人防犯協会連合会の功労ボランティア団体賞を受賞し、10月15日、市長に報告に訪れました。これは市内での自主防犯活動が認められたもので、会長の上奥さんは「今回の受賞を励みに、さらにきめ細かく、防犯活動に取り組んでいきたい」と話していました。

■大阪教育大学と連携協定を締結
11月7日に、市教育委員会と大阪教育大学は「連携協力に関する協定書」を締結しました。今後は、同大学と教員を目指す学生のインターンシップ受け入れや教職員研修における講師派遣、小中学校への学生ボランティアの派遣などを行い教育現場の活性化を図ります。

■株式会社せいきと連携協定を締結
10月15日、市内で「キタバ薬局」の運営などの事業を手掛ける株式会社せいきと連携協定を締結しました。今後は、同社による高齢者などを対象にしたロコモティブシンドローム予防のための講座開催や、買い物支援、災害時の優先的な物資供給(日用品等)などについて、連携を進めていく予定です。

■大阪府宅地建物取引業協会 南大阪支部と協定を締結
11月5日、災害時における民間賃貸住宅の媒介等に関する協定を締結しました。これにより、災害発生時に被災者に対する民間賃貸住宅の情報提供などについて、同協会と連携しながら災害発生時の体制整備に役立てていきます。