市長コラム

©株式会社VOTE FOR

■楠公さん大河ドラマ誘致の現況
(河内長野市長 島田 智明)

「楠木正成・正行親子をNHK大河ドラマに!」という目標の下、署名などの誘致活動を展開しています。地方自治体からなる「楠公さん大河ドラマ誘致協議会」と、寺社や民間団体などからなる「楠公ツーリズム推進協議会」が連携しながら機運を高めています。前者は私が会長を務め、現在55市区町村が加入、後者は、永島全教・観心寺住職が会長を務め、現在33団体が加入しています。
特筆すべきは、全国の数ある大河ドラマ誘致協議会の中で、最大規模を誇り、府内では約8割の市町村が加入し、さらに関西のすべての政令指定都市(大阪市、堺市、京都市、神戸市)が加入していることです。
現在、大阪・関西万博が開催される2025年までの実現をめざし、NHK大阪放送局や東京本部に何度も要望に伺っています。1991年に「太平記」が大河ドラマになったのですが、主に北朝の足利尊氏側から見たドラマとなっていましたので、今度は同じ時代を南朝側から見たドラマで描いてほしいという願いも伝えています。本市の活性化のために、署名活動や機運醸成へのご協力をお願いします。