ヘリ落下死で消防隊員を書類送検

77歳女性の台風19号救助

©一般社団法人共同通信社

 福島県いわき市で台風19号の救助活動中にヘリコプターでつり上げられた女性(77)が落下し死亡した事故で、いわき中央署は10日、業務上過失致死の疑いで、救助活動に当たっていた東京消防庁のいずれも30代の救助隊員2人を書類送検した。

 書類送検容疑は10月13日、自宅から女性をヘリでつり上げる際、女性に装着させていた救助装置のフックをロープとつなげる注意義務を怠り、上空約40メートルで誤って落下させ死亡させた疑い。

 東京消防庁によると当時、女性宅にヘリから隊員2人が降下。浸水した玄関先で、1人が女性を抱え、もう1人が女性のフックにロープをつなげる役割だった。