北村匠海が「半沢直樹」SP出演!「苦楽を共にした吉沢亮くんの脇を支えられれば」

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系で2020年1月3日放送の吉沢亮主演スペシャルドラマ「『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』~狙われた半沢直樹のパスワード~」(午後11:15)に、吉沢悠、井上芳雄、北村匠海、尾上松也、緒方直人が出演することが分かった。

ドラマは、半沢直樹(堺雅人)が銀行の子会社「東京セントラル証券」に出向した後に起きる、ある事件を中心に展開。「東京セントラル証券」が創業以来使用してきた証券トレーディングシステムをリニューアルするため、コンペに参加した企業の一つである新興IT企業「スパイラル」。プロジェクトを勝ち取れば数億の売り上げにつながる「スパイラル」にとっては、社運をかけた一大プロジェクトが進行する中で、人知れずある陰謀が動いていた。主演の吉沢は「スパイラル」に所属する“敏腕プログラマー”の高坂圭役を演じる。

今回出演が決まった吉沢悠は高坂が働くIT企業「スパイラル」開発部のリーダー格・若本健人役を、井上は「スパイラル」の専務・加納一成役を演じる。また北村は高坂と過去に因縁のある謎の人物・黒木亮介役を、尾上は「スパイラル」の社長・瀬名洋介役を、緒形は「東京セントラル証券」情報システム部の主任・城崎勝也役を務める。また、加納と瀬名は、4月に放送を控えた続編の原作にも登場する人物。シリーズの展開においても重要な鍵を握る人物となる。

吉沢悠は「撮影現場の空気自体がドラマの空気感同様、緊張感と高い熱量に包まれていることに感動しています。『こんな半沢があっても面白い!』というスペシャルドラマになっていますので、どうぞご覧ください!!」と熱い思いが込められていることを訴えた。井上は「私が演じるのはIT企業の専務という役柄ですが、僕自身はアナログな人間なので分からないことも多いです(笑)。今の時代らしい最先端の業界の話で、新鮮な気持ちで演じられたらと思っています」と意欲的だ。

また高崎と大学時代のプログラミング仲間で過去に因縁のある謎の人物・黒木を演じる北村は「今回、自分としてもなかなか今までに演じたことのない役どころですし、約1年ぶりにTBSさんのドラマに帰ってこられたうれしさもあります。別作品でも撮影の苦楽を共にした吉沢亮くんの脇を支えるいいエッセンスになれればいいなと思います」と抱負を語った。尾上は「あの伝説のドラマのスピンオフ作品に出演できますことは光栄の極みです。本編にも負けない作品にできますよう、全力でつとめます!」と喜びを爆発させている。

そして緒方は「熱いスタッフと俳優たちに囲まれ“ONE TEAM”の意気込みで、鋭意撮影を行っております。私自身は、皆さまに楽しんでいただけるように良い緊張感を持って丁寧に演じていければ良いなと思っております。半沢直樹イヤーの先陣として、どんなドラマに仕上がるのか『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』をご期待ください」とアピールしている。

ほかにも、浜村瞳(今田美桜)の上司で「東京セントラル証券」情報システム部の部長・府川義則役で元「劇団四季」の栗原英雄、さらに玉置玲央、磯﨑義知、吹越ともみなど個性派俳優陣の出演も決定している。