中島裕翔主演「僕はどこから」、間宮祥太朗のお世話係役に音尾琢真ら決定!

©株式会社東京ニュース通信社

2020年1月8日からテレビ東京ほかでスタートする連続ドラマ「僕はどこから」(水曜深夜0:12)に音尾琢真、高橋努、若林豪、須藤理彩、笠松将、仙道敦子らが出演することが決定した。

同作は文章を書き写すことで他人の思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内薫(中島裕翔)と、薫の元同級生で、講談会系東宮寺組最年少組長・藤原智美(間宮祥太朗)が再び出会ったことからはじまる異能クライムサスペンス。間宮演じる智美の身の回りのお世話係・権堂真司役を音尾が、講談会系東宮寺組会長の子飼いで、得体のしれない男・山田龍一役を高橋が、冷酷無慈悲な講談会系東宮寺組会長・東宮寺正胤を若林が演じる。また、息子である玲を名門大学に入れることに固執し、玲に執着する井上涼子役を須藤が、母・涼子からの執着に耐えかね、薫&智美も巻き込む大きな事件を起こす井上玲役を笠松が演じる。そして、薫の母であり、若年性アルツハイマーを患っている・竹内陽子役は仙道が務める。

音尾は、「間宮祥太郎さんよりずっと年上だけど子分という立ち位置も面白く、自分なりの居様を見つけさせてもらいました。中島裕翔さんをはじめとして、皆さんが芯を持って作品に向き合っている様子が心地よかったです」とコメント。高橋は「山田という役は今まであまりやってこなかった役で、なるべく誰にも嫌われないような、一見目立たないような人をイメージしました。まぁ、このゴツい顔は変えられませんがね(笑)。そして、中島裕翔と間宮祥太朗がとても良い! 私の役は特にこの2人との絡みが多く、2人とも現場を盛り上げてくれて非常に助かりましたし、芝居してて楽しかったです」と2人に感謝している。

そして仙道は「脚本を頂いた時の第一印象は、息苦しさ、生きづらさの中でも精いっぱい今を生きている登場人物たちの生き様です。漫画原作ならではのスピード感あふれる展開に心を奪われました。私が演じた薫くんの母親は、一人で息子を育て、今は若年性アルツハイマーを患っています。ずっと走り抜いている物語の中で、薫くんが向き合う唯一、“静”の部分ではないかと思っています。薫くんを心から愛している、その気持ちを大事に演じました」とコメントしている。