「THE W」優勝の3時のヒロインが涙「『嵐にしやがれ』で嵐に会えたらどうしよう」

©株式会社東京ニュース通信社

女性お笑い芸人のNo.1を決める大会「女芸人No.1決定戦 THE W」が日本テレビ系で放送され、ゆめっち、福田麻貴、かなでからなる結成3年目のトリオ、3時のヒロインが3代目女王に輝いた。直後に開かれた記者会見で、グループのネタを生み出している福田は「女芸人のNo.1にはなりましたが、男芸人には猛者がたくさんいるので、今後はほかの賞レースでも決勝を目指したい。そして目の前の仕事を一生懸命頑張って、売れたいです!」と決意を語った。

同番組は優勝賞金1000万円を懸けて、プロ・アマ、芸歴を問わず、女芸人の中から一番面白い“笑いの女王”を決める祭典。2017年にスタートし、今年で3回目となる大会には、総数627組の芸人たちが参加。予選を勝ち抜いた、そのこ、にぼしいわし、123☆45(イズミヨーコ)、ハルカラ、3時のヒロイン、おかずクラブ、はなしょー、阿佐ヶ谷姉妹、つぼみ大革命、紺野ぶるまの10組がA組、B組に分かれて対決方式でネタを披露。審査員と視聴者投票を行い、勝ち上がったはなしょーと3時のヒロインが最終決勝へ進出。ふられた先生を慰める幼稚園児をネタにしたはなしょーと、ふられた友達を前に「アッハーン」と言いながら奇妙なダンスを披露する女子のネタで激突。勢いのあるダンスで畳み掛けた3時のヒロインが圧勝し、3代目女王の座を手にした。

優勝賞金の配分は、ネタを考えている福田が400万円、ほかの2人は300万円ずつかな…と現実的に話したかなでに、3等分の方がいいのではないかと思っていると話した福田。それぞれが使い道を聞かれると「今までアイプチで頑張っているんで、二重の整形手術をしたいです!」というかなでに、福田は「まず痩せて! 顔じゃなくて体形の方が先だから!」とツッコミ。

使い道については「まずは家族やお世話になった人に恩返しをして、それから生活水準を上げたい。今は食べたいものも、買いたいものも買えないので…。破れたものを買い替えるぐらいまではしたいですね。それから、母に『借金だけはしないで』と言われて育ってきたのに、生活が苦しくて母に内緒で50万円の借金があるんです。なので、その借金を返してお母さんに謝りたいです」と告白。ゆめっちは「海外に武者修行に行きたいですね。“映える”スポットでたくさん写真をとって、レベルアップしたいです」と、それぞれ話した。

また、番組前に熱愛報道が出たゆめっちは「あれは誤報なんです」と否定。その当時大好きだった人はいたものの、告白してふられたそうで「逆にふられてよかったです。こっちを勝ち取れたので。悔しさをぶつけました!」と力強く語った。

副賞として「日本テレビの各番組に出演できる権利」「冠番組を制作してもらえる権利」を贈られたが、希望の冠番組については「今回のネタにも反映していますが、全員が歌、ダンス、お芝居が大好きなのでミュージカル風の番組をやりたいです」と福田。さらに、日本テレビの各番組で特に出演したい番組を聞かれると、福田が「『踊る!さんま御殿!!』で明石家さんまさんと絡めるということに今からドキドキしています。芸能界に入る前から『さんま御殿』に出たらどんなトークをしようと何回も考えていたんです」、ゆめっちが「『人生が変わる1分間の深イイ話』に出させていただけるのがうれしい。フワちゃん特集の回に“ミキ亜生軍団”のグループのひとりとしてVTR出演したことがあるんですが、その時は私だけ『誰やねん』って感じだったけど、やっとフューチャーされると思ってワクワクしています」と番組名をあげた2人に対し、「嵐さんに会いたいです!」とかなで。

すると福田が「ちょっと聞いてください! かなでは『M-1グランプリ』を敗退した日に『今だけは泣かせてください』とツイートしてたんです。『M-1』のことだと思ったら二宮さんが結婚したことについてだったんです。そして二つ目に『好きな人の幸せを願う人になりたい』ってツイートをして。普通は賞レースに落ちたら、そのことで頭がいっぱいになるはずなのに」と怒りを込めて暴露。しかし、かなでは「いや、ニノでいっぱいだったの。『嵐にしやがれ』で嵐さんに会ったらどうしよう…。考えるだけでも泣けてきた」と、優勝時にも見せなかった涙を見せ、今の喜びを誰に伝えたいかという質問にも「嵐です」と答え、福田にあきれられていた。