玉沢元防衛庁長官が撃たれる、命に別条なし

©一般社団法人共同通信社

 防衛庁長官などを務めた玉沢徳一郎元衆院議員(81)が10日午後、岩手県内で拳銃で撃たれたことが捜査関係者への取材で分かった。岩手県警は、撃ったとみられる80代の男を確保。玉沢氏の親族によると、命に別条はないとみられる。