浦和DF槙野智章、急性虫垂炎で手術

©フットボール・トライブ株式会社

写真提供: Gettyimages

10日、浦和レッズは元日本代表DF槙野智章が急性虫垂炎のため、手術を受けたことを発表した。

同クラブによると、手術は10日に行われ、全治は2週間の見込みだという。虫垂炎は異物などが原因で虫垂内の閉塞がおこり、二次的に細菌感染症を引き起こす化膿性の炎症だ。過去には、日本代表MF柴崎岳が鹿島アントラーズ時代に虫垂炎で入院した経験がある。

槙野は2012年1月に浦和に期限付き移籍し、翌年同クラブに完全移籍。ほぼ毎年30試合以上に出場し、浦和にとって欠かせない選手となっている。すでにクラブはシーズンオフに入っているようだ。来シーズンの槙野の活躍に期待したい。