高岡テクノドーム大規模増改築 県が方針、5G技術導入

©株式会社北國新聞社

 富山県は、高岡市の産業展示場「高岡テクノドーム」の大規模増改築を検討する方針を決めた。10日開かれた県議会予算特別委員会で米原蕃氏(自民)の提案に対し、石井隆一知事が「県西部活性化の拠点として大きな可能性がある」とし、2023年春の北陸新幹線敦賀開業までに県主導で整備する意向を示した。高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムの技術などを先駆けて導入し、最先端の展示交流拠点を目指す。

 テクノドームは、床面積3050平方メートルの大展示場と中小企業の育成拠点となる賃貸型の「インキュベータ室」10部屋、駐車場を兼ねた屋外展示場などを備える。増改築では現行施設を改修するか、新たに新棟を増築するなどして工夫を凝らすか、今後、高岡市や地元経済界と協議を進める。

 現在の展示場には300インチの大規模スクリーンはあるが、5Gのより高精細の映像で遠隔地のイベントやスポーツ試合を楽しめるなど一層の機能充実を図る。現行の平面的な構造では大規模コンベンションの際に後ろの客席から見えにくいとの課題もあり、対応を検討する。

 石井知事は新高岡駅に近く、周辺のイオンモール高岡が9月に大規模増床したことなどを挙げ、「立地環境の魅力は増しており、家族向けや県外誘客のイベントを開催するニーズの増大が見込まれる」とし、敦賀開業を見据えた交流人口拡大の拠点になると強調した。

 高岡テクノドームは1991(平成3)年に供用開始し、県、高岡市、県西部の主要企業が出資する「県産業創造センター」が所有、運営している。敷地は駐車場も含めて市有地となっており、拡張の余地がある。