小嶋オーナーシェフ(高岡)が優勝 シュトーレン全国コンテスト

©株式会社北日本新聞社

小嶋さんが作った和風のシュトーレン

 高岡市守山町のパン店「ブーランジェリー グラン・オム」のオーナーシェフ、小嶋慎一郎さん(41)が、都内で行われたドイツの代表的なクリスマスのパン菓子「シュトーレン」の全国コンテストで優勝した。

 コンテストは3回目で、今年のテーマは「和」。パン店やケーキ店、ホテルなどから71点の応募があった。応募者は完成させたシュトーレンを送り、4、5の両日に都内で開かれた試食・審査会で評価された。

 小嶋さんは生地にヨモギを練り込み、小豆や干し柿の日本酒漬け、和三盆などを使用してしっとりとした食感に仕上げた。

 12日から30食限定で店頭販売する。小嶋さんは「どんどん新しいものを作りたい。和風のシュトーレンを味わってほしい」と話した。