岸田氏、「政府の緩み」に言及 疑惑や2閣僚辞任で

©株式会社中国新聞社

自民党本部で会見し、臨時国会を振り返る岸田政調会長

 自民党の岸田文雄政調会長(広島1区)は10日、記者会見し、9日閉会の臨時国会で重要法案の多くが成立したと評価する一方、安倍晋三首相(山口4区)主催の桜を見る会を巡る疑惑や2閣僚の辞任に関して「気の緩みや緊張感のなさを指摘する声があったのも事実」と述べた。

 夏の参院選での公選法違反などの疑惑が報じられた自民党の河井案里氏(参院広島)と、法相を辞任した夫の克行氏(広島3区)が10月末以降、国会を欠席したことには「直接、国民に自ら説明すべきだ」と改めて強調した。今後の党の選挙への影響について問われ、「それを判断、評価するのは国民。議員たる者は国民の評価に堪え得る、しっかりとした身の処し方をしなければならない」とした。

 安倍首相は国会閉会を受けた9日の会見で、改憲について「必ずや私の手で成し遂げていきたい」と述べた。岸田氏は「強い思い、決意をあらためて感じる発言だった」と述べ、自身の地元広島や埼玉、福島で憲法をテーマに開催した地方政調会について「有意義な議論ができた。自民党のたたき台素案を丁寧に説明することが、国民の理解につながるのではないか」との考えを示した。

「ポスト安倍」戦略、岸田政調会長に聞く

【社説】最長の安倍政権 ふさわしい成果見えぬ

中国新聞 トップページ