佐野史郎「演じることの喜びが、今までとは違う」復帰第1作は『10の秘密』

©株式会社フジテレビジョン

2020年1月14日(火)21時~よりスタートする、向井理主演のフジテレビ系ドラマ『10の秘密』に、佐野史郎の出演が決定した。

本作は、主人公・白河圭太(向井)の愛する娘が、何者かに誘拐されることに端を発し、圭太と関わるさまざまな登場人物たちの計り知れない秘密が絡み合い、次々に事件が巻き起こるオリジナル脚本の本格サスペンス。

佐野が演じるのは、圭太の元妻・由貴子(仲間由紀恵)が顧問弁護士を務めている帝東建設の社長・長沼豊(ながぬま・ゆたか)。

過去に帝東建設があるトラブルに巻き込まれ訴訟騒ぎに発展した際、由貴子の力でその訴訟を乗り切った手腕を買って、顧問弁護士に指名。失踪した由貴子の行方を、部下である宇都宮竜二(渡部篤郎)を使って探している。そんな長沼もまた、大きな“秘密”を抱えている…。

<佐野史郎コメント>

――台本を読んだ印象は?

一度読み始めると、どんどん先が知りたくなりますよね。これまでの地上波のサスペンスドラマファンはもちろんのこと、最近は配信で海外のサスペンスドラマにハマっている人たちもいるでしょうし、そうした層をもひきつけるオリジナルストーリーに興味を持ってもらえたらありがたいです。先が知りたいけど原作はない…この先どうなるんだろうと想像しながらディープな世界を楽しんでもらえたら(笑)。

1話完結のドラマもいいけれど、このドラマのように、少しずつ“秘密”が明かされることで物語が繋がって「なるほど」となるようなドラマは、最近少なかったんじゃないですかね。

劇中の事件を通して今の世の中を象徴的に現してもいるようにも感じられますし、この作品に参加させていただきとても光栄です。

共演者のみなさんのそれぞれの駆け引きも楽しみで、今からワクワクしています。打ち合わせで、いただいている台本から先の今後の展開を教えてもらったんですが、まさかそういう展開になるのかって予想できなかったですよ(笑)。

――視聴者のみなさんへメッセージをお願いします。

骨折事故でみなさまにご心配をおかけしてしまいましたが、今回は俳優として再スタートのドラマでもあります。新たな気持ちで挑戦しなければと思っております。

復帰ドラマ第1作目として、これまで演じてきた役柄とどう違うのか、興味を持ってご覧いただけたらうれしいです。退院早々に今回のような素晴らしい作品と出会え、感謝の気持ちでいっぱいです。演じることの喜びが、今までとは違う感覚で芽生えています。好きな世界に生き、好きな作品と巡り会え、正面から取り組ませていただけることが当たり前ではないということにも気づかせてもらえました。

最後まで目が離せない展開となりそうです。これからの俳優人生とも重ね、新たな年のスタートをみなさまと共に切ることができますように!

<ストーリー>

白河圭太(向井理)は、14歳の娘・瞳(山田杏奈)と二人暮らしの建築確認検査員。一方的に離婚を通告してきた元妻・由貴子(仲間由紀恵)に出て行かれた後は、娘のことだけを考えて自分を犠牲にする生活を送ってきた。瞳とはなんでも話せる関係を築き、「あんな父親が欲しい」と瞳の友人からうらやましがられるほどの理想の父親。

そんなある日、圭太のもとに電話がかかってくる。「娘を預かった。命が惜しければ、元妻を探せ――」

瞳を探すにつれて、別れた妻のセレブな暮らしに隠された秘密を知るばかりか、何でも知っていると思っていた娘にすら、秘密があることを知ってしまう…。