函館グルメや温泉付きホテルも。新しい商業施設「ハコビバ」オープン

©株式会社オンエア

JR北海道函館本線の「函館駅」横に、新しい複合商業施設「HAKOVIVA(ハコビバ)」がオープン!天然温泉の大浴場を備えたホテルほか、北海道ならではの飲食店などもありますよ。クラッシックモダンな函館の街に調和した新しい施設を紹介します。

「HAKOVIVA(ハコビバ)」のコンセプト

JR北海道函館本線「函館駅」の真横に誕生した、新しい複合商業施設「HAKOVIVA(ハコビバ)」。外観は、函館特有の建築様式「和洋折衷住宅」に代表するような、異国情緒たっぷりの函館の街並みに調和する、和洋折衷のクラッシックモダンな佇まいに。

「ステーションサイド」「スクエアガイド」「ゲートサイド」と、大きく3つに別れた同施設。敷地内の中央には、シンボルツリーの「ヒムロスギ」が植樹された交流広場「ハコビバスクエア」があり、各種イベントなども今後開催されるそうですよ。

店舗棟「スクエアサイド」

「スクエアサイド」1階部分は、昭和の函館の街並みを再現した「函館駅前横丁」が出現。海鮮やジンギスカンといった北海道・函館のグルメを楽しめます。2階には、函館に初出店となるフィットネスクラブ「Gold's GYM」が入るそう。

ホテル棟「ステーションサイド」

「ステーションサイド」には、地上11階・客室総数261室のホテル「ラ・ジェント・ステイ函館駅前」が開業。客室は、定員4名のデラックスファミリーツイン(16室)や、函館の海を眺望できるプレミアムツイン(6室)、さらには長期滞在型の家具・家電付きのサービスアパートメント(4室)、函館の景観が楽しめる豪華スイートルームなど、さまざまなタイプを用意。天然温泉の大浴場も完備されています。

同ホテルは、北海道内では札幌に次ぐ2棟目のER施設としても注目されています。災害時には、施設内の避難スペースや設備機器、備蓄した物資が提供されるほか、屋上には緊急救助用のホバリングスペースを利用して、物資や負傷者の搬入が可能に。安全・安心な函館の街づくりに貢献しています。

カフェ棟「ゲートサイド」

「スクエアサイド」隣にある「ゲートサイド」には、函館発の本格スイーツブランド「プティ・メルヴィーユ」と、明治43年に北海道で初めて函館に誕生したという塩味ラーメン、元祖はこだてラーメンの「おんじき庭本」が出店します。函館ならではのグルメが満喫できます。

【HAKOVIVA(ハコビバ)】

住所: 北海道函館市若松町12-8

公式サイト: https://www.hakoviva.com

函館駅真横というロケーションもさることながら、お土産屋さんや函館グルメなど、地域の特色を楽しめる施設「HAKOVIVA(ハコビバ)」。観光客にとって、便利で魅力的な施設ですね。

参照: https://www.daiwahouse.com/about/release/house/20191113083440.html

[All photos by 大和ハウスグループ]

Please do not use the photos without permission.