アクセルとブレーキの踏み間違いにご注意

©株式会社VOTE FOR

今年になってから、よく耳にするアクセルとブレーキのペダル踏み間違い事故。最近では、幼い子どもや女性が犠牲になるケースもあり、心が痛みます。特に高齢者の事故が目立ち、最近では、館林場外競輪車券売場の駐車場で起きたペダル踏み間違い事故は、メディアでも連日取り上げられるほどでした。
令和元年版「交通安全白書」によると、75歳以上の高齢者が運転する死亡事故は、人口10万人当たり8.2件と、75歳未満に比べて約2.4倍多く、アクセルとブレーキのペダル踏み間違い死亡事故は、75歳未満では全体の1.1%に対して、75歳以上では5.4%と約5倍ほど多い統計データもあります。
事故を起こした加害者は、「ブレーキが壊れて」「勝手に前に進んだ」など、通常では考えにくい言葉を並べますが、ペダルの踏み間違いデータによると、全年齢対象のドライバーによる人的要因では、第一要因は「慌て、パニック」、第二要因は「高齢」となります。「高齢」の影響には、視覚機能の低下や注意力・集中力の低下、体の柔軟性の低下などがあげられます。
また、高齢者による自動車運転免許証の自主返納もニュースなどでよく見かけますが、千代田町で生活するためには、自動車はなくてはならない存在。自主返納は生活範囲を縮めてしまう可能性が高いと思われます。
そこで町では、高齢ドライバーの交通事故防止や事故時の被害軽減のために、後付けで誤発進防止装置を設置する町民の方向けに、一定条件のもと、設置費用の一部を補助します。来年度までの限定措置です。補助金の詳細は、下記をご覧ください。

■Interview
「予防は安心に変わる」
10月の広報紙をみて、すぐに申し込もうと思いました。毎日見るニュース番組で報道されるペダルの踏み間違い事故。年金暮らしのため全額自己負担を考えましたが、町から補助金を受けられるので、近所の車屋にお願いしました。千代田町に住む限り、車がないと生活に困ってしまいます。医者に行くときも車が必要です。先日自動車の免許更新に行ってきました。優良ドライバーですが、ペダルの踏み間違い事故は「絶対ない」とは言い切れないので、早く付けて安心したいです。

自動車誤発進防止装置を導入予定
Kさん(福島・81歳)

■自動車誤発進防止装置設置費補助金について(令和3年3月31日まで)
◇目的
自動車誤発進防止装置の普及推進及び安全運転の向上を目指し、交通事故防止や事故時の被害軽減を図ること

◇補助対象者
(1)町内在住の70歳以上の方
(2)自動車運転免許証を保持している方
(3)世帯全員に滞納がない方
(4)自動車検査証に記載れている使用本拠地が町内であること

◇補助対象額
導入する自動車誤発進防止装置の価格から2分の1を乗じた額(100円未満の端数は切り捨て。上限2万円)

◇補助金の流れ

※(1)交付申請するときに必要な書類
a交付申請書兼実績報告書
b自動車検査証の写し及び免許証の写し
c自動車誤発進防止装置の購入及び設置費用がわかる領収書
d自動車誤発進防止装置の概要がわかる書類
e設置後の写真

問合せ:総務課・防災管財係
【電話】0276-86-2112

■町自動車組合に講習会
11月6日、コスメ・ニスト千代田町プラザにおいて、町自動車組合に対し「自動車誤発進防止装置」に関する講習会を行い、9事業所が参加しました。誤発進防止装置を販売する業者を講師に迎え、座学と実演を行いました。
誤発進防止装置は、講習を受けないと取り付けることができません。
町自動車組合では、下記の事業所において、取り付け可能になりましたので、気軽に相談ください。

◇取付可能な事業所
・(有)今泉自動車整備工場
【電話】0276-86-3263
・金子自動車
【電話】0276-86-8013
・中島自動車フラット7千代田店
【電話】0276-86-2705
・(有)松本自動車
【電話】0276-86-3279
・(有)松澤自動車整備工場
【電話】0276-86-2241
・間仲モータース
【電話】0276-86-2043
・森尻自動車整備工場
【電話】0276-86-2184
・関東自修
【電話】0276-86-2457
・イナバオートサービス
【電話】0276-86-2665
※追加のお知らせは町HPでも随時更新します。