地域を愛し愛されて トリアエズアイドル

©株式会社新日本海新聞社

「ト」をイメージにした決めポーズのショーナさん(右)とレーナさん
新世界のカフェで一日店長を務め、ファンと交流

 2018年に結成した次世代2人組アイドル「トリアエズアイドル」が、大阪を拠点に精力的に活動している。街や地域住民とつながり、「街の人たちにも愛されるアイドル」を目指し、地域に根ざした活動にも積極的に取り組む。

 兵庫県のアイドルグループで活動していた経験があるショーナさんを中心に、大阪でアイドル活動や舞台に取り組んでいたレーナさんが加わった。これまでに2枚のシングルCDをリリースした。

 ショーナさんは、大阪を拠点に活動するアイドルグループNMB48の劇場公演に刺激を受けた。終演後のメンバーとの触れ合いに心ときめかせ、「アイドルは人の心を動かせる人。自分もそういう人になりたい」とアイドルを志した。

 レーナさんは、大阪のアイドルグループを卒業後、フリーで舞台に出演していた。再びアイドルの道を歩み出したのは、「アイドルと芝居のそれぞれのジャンルで、ファンが固定化されている現状を変えるきっかけになりたかった」と、生のステージの魅力を伝えて、それぞれのファンをつなげる“架け橋”を目指すためだという。

 各地のイベントに出演してステージに立つ傍ら、新世界で行われたハロウィーンイベントに参加するなど地域活動にも熱心だ。11月下旬、新世界のバンガーカフェ(大阪市浪速区恵美須東1丁目)で一日店長を務め、ファンと交流した。

 「幅広い世代に愛されるアイドルになりたい」とショーナさんは目を輝かせる。レーナさんは「自分たちが愛している地域が、他地域の人も知って愛してもらえるように活動したい」と、真っすぐに未来を見据える。