ベルリン国際映画祭で史上初の2冠! HIKARI監督の鮮烈デビュー作が公開決定

©株式会社近代映画社

2019年2月に開催されたベルリン国際映画祭にて史上初の2冠となる、パノラマ部門の最高賞(観客賞)と国際アートシアター連盟(CICAE)賞を獲得したHIKARI監督の初長編監督作品『37セカンズ』の劇場公開が2020年2月7日(金)に決定。 本予告およびポスタービジュアルが解禁された。

「⽇本映画を新しいステージへと昇華させた作品」と世界が絶賛

本作はベルリン国際映画祭のほかトロント国際映画祭を始めとする世界各地の映画祭から招かれ、第18 回ローマインディペンデントフィルムフェスティバルではグランプリ、第39 回ハワイ国際映画祭のオフィシャルコンペティション部⾨では新⼈監督賞および第42回ミルバレー映画祭ワードシネマ部⾨マインド・ザ・ギャップにて観客賞を受賞! 加えてストリーミング配信⼤⼿のNetflixでの海外配給も決定するなど「⽇本映画を新しいステージへと昇華させた作品」と、すでに世界中の映画ファンから熱気をもって迎えられている。

⽣まれた時にたった37 秒間呼吸が⽌まっていたことが原因で、⼿⾜が⾃由に動かない⾝体になった主⼈公・貴⽥ユマ(佳⼭明)。親友の漫画家のゴーストライターとして働いて⾃分の作品として出せないことへの寂しさや⻭がゆさ、そしてシングルマザーでユマに対して過保護になってしまう⺟・恭⼦(神野三鈴)との⽣活に息苦しさも感じていた。

⾃分にハンディ・キャップがあることをつきつけられる⽇々だか、それでも23 歳の⼥性として望んでいいことだってあるはず。そんな思いの狭間で揺れる⽇々。そんな時、ある出来事をきっかけに、ユマの⼈⽣は⼤きく変わり、⾃らの⼒で『新しい世界』を切り開いていくことになる・・・。

本作は、⾃⼰表現を模索しようともがく中で、様々な⼈たちと出会い、思いもよらない展開でドラマティックにひとりの⼥性の成⻑を描いた物語。

本予告は異常に過保護な⺟親と閉ざされた場所から抜け出し、初めて⾃分の意思で外の世界へと⾶び出して⾏こうとする主⼈公・貴⽥ユマの姿を切り取ったもの。⾃分がゴーストライターとして影で⽀える友⼈の漫画家(萩原みのり)のサイン会に⾜を運ぶがまるで他⼈のように無視され、そのやりきれない状況から抜け出そうと原稿を⾃⼒で編集部に持ち込んでみたが「作家に経験が無いのに、いい作品は作れないのよ」と、これまでの⾃分の⼈⽣を全否定されるような現実を突きつけられてしまう。

「1秒でも早く⽣まれていたら、⾃由に⽣きられたのかもしれない」・・・そんな葛藤を振り切るように初めて⼀⼈で出かけた夜の街で、思いがけず経験することになった“外の世界”。まさにこれからユマ の「時が動き出す」ことを思わせる映像となっている。

流れるポップな楽曲は世界最⼤規模で開催されるアメリカの⾳楽祭「S X S W」に2年連続出演、経済誌「Forbes Japan」(2018年10⽉)では“世界を変える30歳未満30 ⼈の⽇本⼈”に選出されるなど⾳楽シーン以外でも⼤きな注⽬を集める⼥性 4 ⼈組ユニット「CHAI」が⼿がけた「N.E.O.」<発売中/Sony Music Entertainment (Japan) Inc.>。“NEO かわいい!” J-POP で世界中を沸かせる彼⼥たちの楽曲がこれまで⾃分で⾃分を縛っていた価値観から少しずつ踏み出していく主⼈公の⼼情と絶妙なリンクを果たしている。

同時に解禁されたポスタービジュアルは、主⼈公・ユマの表情をアップでとらえたもの。⾃分の意思でこれからの⼈⽣を動かすことを決意した⼥性だけが⼿に⼊れることができる美しい未来を、カラフルな光のグラデーションで表現している。

監督は本作が⻑編デビュー作となるHIKARI。18歳から渡⽶して映画を学び、本作のセンセーショナルな登場とすでに海外各国からの⾼い評価を受け、ハリウッドから企画のオファーが何本も舞い込んでいる。

さらに主演は、⾝体に障害を持つ⼥性たちを⽇本全国で⼀般公募し、約100名の応募者の中から監督に⾒出された佳⼭明。今回が演技初経験となるが、その周りを囲む豪華実⼒派俳優たちのリアリティ溢れる演技⼒も⾒逃せない。

37セカンズ
2020 年2/7(金)、新宿ピカデリーほか全国順次ロードショー
配給:エレファントハウス、ラビットハウス
©37 Seconds filmpartners