MONKEY MAJIKのバンド結成20周年記念公演が決定! 幕開けには新作アルバムの発売も!

©有限会社ルーフトップ

来年2020年にバンド結成20周年を迎える宮城県在住の4ピースバンドMONKEY MAJIKから嬉しいニュースが届いた。

周年の幕開けとして、2020年2月26日に自身12枚目となるオリジナルアルバム『northview』(読み:ノースビュー)をリリースすることが決定。「ルーツ」をテーマに、フロントマンのメイナードとブレイズの母国であるカナダで制作した作品で、秋に公開されたアニメ映画「スプーキッズ ザ・ムービー」主題歌"Bitten By You"を含む、全10曲を収録予定。

【東西南北viewシリーズ】の最終章と位置づけされる今作。遡ると、このシリーズは2005年にインディーズでリリースしたアルバム『eastview』に始まる。カナダ出身のメイナードとブレイズが自分たちのルーツを考え、“東から見た日本”をコンセプトに制作。以降、仙台で楽曲を作り続けてきたが、活動10年目の2010年にこれまでとは違う環境と空気感で楽曲制作を行うべく海外レコーディングを考え、 “西から見た日本”をテーマにしたアルバム『westview』を制作。ギリシャのサントリーニ島にある海をのぞむスタジオで制作を行った。

続く『southview』は2015年にニュージーランドでレコーディングを行い、「心躍らす」をテーマにダンサブルなナンバー12曲を発表。そしてviewシリーズの最終章となる『northview』。子どもの頃から憧れ、慣れ親しみ、影響を受けてきた音楽。日本に渡ったことで持ち得た感性や感覚。自分たちが通ってきた音楽的ルーツに素直に向き合った結果、今回もジャンルレスなサウンドの曲が出揃った。

さらに、7月11日には、20周年を記念した公演『MONKEY MAJIK 20th Anniversary ~花鳥風月~』を開催することを同時発表。今年から20周年に向けてのコンセプトライブ「Road to ~花鳥風月~」を全4都市(仙台・東京・福岡・大阪)で開催しているが、その集大成ともいえる本公演。往年の代表曲から、この記念公演のためにセレクトしたレアな曲まで、これまでの軌跡を振り返るセットリストにも期待が高まる。

また、MONKEY MAJIKといえば、過去様々なアーティストとのコラボ楽曲をリリースしていることもあり、一夜限りのコラボアーティストとの共演が実現するのかも楽しみの1つではないだろうか。まさにMONKEY MAJIKが歩んできた20年の歴史が凝縮した一夜となるだろう。会場は東京・有明に新たに完成する東京ガーデンシアター(有明)。2020年に誕生する新しい会場でMONKEY MAJIKのサウンドを楽しんで欲しい。

MONKEY MAJIKの音楽ルーツを知ることができる今作のアルバム『northview』、そして20周年の感謝を伝える記念公演『MONKEY MAJIK 20th Anniversary ~花鳥風月~』にもぜひ期待をしたい。