刃先から生まれる芸術 雲南省の「絶版木彫」

©新華社

刃先から生まれる芸術 雲南省の「絶版木彫」

5日、絶版木版画を制作する芸術学院の学生。(普洱=新華社記者/胡超)

 【新華社普洱12月11日】中国雲南省普洱(プーアル)市で1980年代に生まれた木彫芸術「絶版木彫」は、30年余りで中国における版画の四大流派の一つに発展した。伝統的な色刷り木版画に基づくこの技法は、原版を一度しか使用できないため「絶版」と呼ばれている。

刃先から生まれる芸術 雲南省の「絶版木彫」

5日、教員(右)の指導の下、絶版木版画を制作する芸術学院の学生。(普洱=新華社記者/胡超)

刃先から生まれる芸術 雲南省の「絶版木彫」

5日、絶版木版画を制作する芸術学院の学生。(普洱=新華社記者/胡超)

刃先から生まれる芸術 雲南省の「絶版木彫」

5日、絶版木版画を制作する芸術学院の学生。(普洱=新華社記者/胡超)

刃先から生まれる芸術 雲南省の「絶版木彫」

5日、絶版木版画を制作する芸術学院の学生。(普洱=新華社記者/胡超)

刃先から生まれる芸術 雲南省の「絶版木彫」

5日、乾燥させていた制作中の版画を取る芸術学院の学生。(普洱=新華社記者/胡超)