八代神社で妙見祭の注連納め

©株式会社熊本日日新聞社

 

獅子舞の衣装などを入れた木箱を神前に運び入れ、神事に臨む中嶋町獅子舞保存会のメンバー=八代市

 1日、妙見町の八代神社(妙見宮)であった。11月1日に始まり、23日に神幸行列があった同祭を締めくくる神事。中嶋町獅子舞保存会の役員らが、雌雄の獅子頭や衣装、楽器などを入れた三つの木箱を持参。神職がおはらいをし、本殿に納めた。来年の祭りで神馬奉納を担う団体は宮地親友会に決まった。

熊本日日新聞 2019年12月3日掲載