ビーブレイクシステムズ、入金消込サービス「V-ONEクラウド」を販売

©株式会社BCN

ビーブレイクシステムズ(白岩次郎代表取締役)は、アール・アンド・エー・シー(R&AC、高山知泰社長)と販売代理契約を結び、R&ACが提供するクラウド型入金消込・債権管理システム「V-ONEクラウド」の販売を12月10日に開始した。

V-ONEクラウドは、入金消込・債権管理業務を低価格で自動化する入金回収業務特化型のクラウドサービス。独立型のシステムのため、既存の業務フローを大幅に変える必要がなく、手作業の入金消込を自動化し、工数削減・早期に正しい月次決算が可能となる。

ビーブレイクシステムズが開発・販売しているクラウドERP「MA-EYES」と連携することにより、MA-EYESで計上された請求情報をV-ONEクラウドに取り込み、V-ONEクラウド上で入金消込や債権の残高管理などを行うことができるようになる。複雑な入金パターンにも対応したV-ONEクラウドの自動消込機能によって、経理担当者の業務を大幅に効率化できる。

同社では、V-ONEクラウドとMA-EYESを連携したソリューションを提供することで、企業の業務の効率化と生産性の向上を支援していく考え。