コールのヤンキース移籍が決定 9年3億2400万ドルの超大型契約

©MLB Advanced Media, LP.

日本時間12月11日、MLBネットワークのジョン・ヘイマンはゲリット・コールのヤンキース移籍が決定したことを自身のTwitterで報じた。9年3億2400万ドル、年平均3600万ドルの超大型契約であることが報じられている。

先日、ナショナルズと再契約を結んだスティーブン・ストラスバーグが総額(2億4500万ドル)と年平均(3500万ドル)の両方で投手史上最高額を更新したが、コールはこの記録を再び更新することになった。

コールは現在29歳。今季はアストロズで33試合に先発して20勝5敗、防御率2.50、326奪三振の好成績をマークし、最優秀防御率と最多奪三振の二冠を獲得。サイ・ヤング賞の投票では同僚のジャスティン・バーランダーに次ぐ2位にランクインし、ポストシーズンでも5先発で4勝1敗、防御率1.72の快投を見せた。

絶対的エースの獲得を目指し、コール獲得を今オフの最重要課題に掲げていたヤンキースだが、見事にコール獲得に成功。2009年以来11年ぶりとなるワールドシリーズ制覇に向けて、「切り札」とも言える剛腕がチームに加入する。