川崎重工/脱炭素化に向け、世界初の液化水素運搬船を進水

©株式会社ロジスティクス・パートナー

川崎重工は12月11日、神戸工場において世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」を進水したと発表した。

<液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」>

<サプライチェーンの実証構成>

この船は、マイナス253℃に冷却し、体積が気体の800分の1となった液化水素を、安全かつ大量に長距離海上輸送するために開発された。今後、播磨工場で製造している1250m3の真空断熱二重殻構造の液化水素貯蔵タンクを搭載し、2020年秋頃に竣工の予定。

竣工後、この船は2020年度に実施される国際水素エネルギーサプライチェーン構築に向けた技術実証試験に投入され、豪州で製造された液化水素を日本へ輸送する。

なお、水素は、地球温暖化対策のカギとなる次世代のエネルギーの一つとして注目されている。使用時に二酸化炭素などの温室効果ガスが発生しない特性を持ち、発電や燃料電池自動車などでの活用が期待されている。

この水素が、石油や天然ガスと同じように一般的に利用される社会の実現に向けて、川崎重工当社は2016年に岩谷産業、シェルジャパン、電源開発(Jパワー)と、技術研究組合CO2フリー水素サプライチェーン推進機構「HySTRA」を結成し、NEDOの支援の下、経済的かつ安定的に大量の水素を調達するためのエネルギーサプライチェーンの構築に向けた技術開発を進めてきた。

現在、液化水素運搬船のほか、液化水素の受入基地を兵庫県神戸市に、褐炭ガス化設備を豪州に建設している。

また2018年から川崎重工、岩谷産業、Jパワー、丸紅、AGL Loy Yang Pty Ltdでコンソーシアムを組み、豪州連邦政府およびビクトリア州政府より補助を受けてガス精製設備、水素液化・積荷基地などを建設している。

■主要目
全長:116.0m
長さ(垂線間長):109.0m
幅(型): 19.0m
深さ(型):10.6m
満載喫水(型):4.5m
総トン数:約8000
貨物槽容積:約1250m3
推進機関:ディーゼル発電・電気推進
航海速力:約13.0ノット
定員:25名
船級:日本海事協会(NK)
船籍:日本
船主:技術研究組合CO2フリー水素サプライチェーン推進機構「HySTRA」