元プロ野球ロッテの醍醐猛夫さんが死去

©一般社団法人共同通信社

 プロ野球ロッテで4打席連続本塁打を放つなど活躍した醍醐猛夫さんが11日午前0時42分、急性骨髄性白血病のために東京都内の病院で死去した。81歳。東京都出身。東京・早稲田実業高時代に王貞治さんとバッテリーを組んだ。