「新サクラ大戦」舞台版さくら役の関根優那さんも参加した東京・浅草での「ラッピング人力車」出発式をレポート

©株式会社イクセル

セガゲームスは本日12月11日、PS4用ソフト「新サクラ大戦」の発売記念として、浅草花やしき前「花やしき通り」にて、「ラッピング人力車」出発式を実施した。

12月11日から12月24日までの期間限定で登場する「新サクラ大戦」ラッピング人力車は、乗車中に「新サクラ大戦」の主題歌「檄!帝国華撃団<新章>」をはじめとしたゲーム楽曲を楽しめる。また、期間中ラッピング人力車に乗車した人には、先着で「『新サクラ大戦』特製ブロマイド」全9種のうち、ランダムで1種がプレゼントされる(概要記事)。

出発式では、ラッピング人力車がお披露目されただけでなく、関根優那さん(舞台「新サクラ大戦 the Stage」天宮さくら役)、片野徹氏(「新サクラ大戦」プロデューサー)も駆けつけ、撮影に応じてくれた。

撮影後、メディア向けの囲み取材も行われたので紹介しよう。

――今回の舞台では、どのようなことが新しいチャレンジになりますか?

関根さん:今回の「新サクラ大戦 the Stage」の舞台はお芝居だけではなく、歌や殺陣があるので全てのことが新しいチャレンジになると思います。

――舞台に臨む上で一番苦労したことは何ですか?

関根さん:「サクラ大戦」の歌は音域が広かったりするので喉の筋肉のトレーニングをしたことです。後は、体も動かすので体を鍛えたりということを重点的に、毎日コツコツと積み重ねることが大変でした。

――今回の舞台で一番楽しみなことは何ですか?

関根さん:やはり帝国華撃団というステージに立てることが何よりすごく楽しみです。そして“天宮さくら”として、ステージに立って花組の皆さんとお芝居をしたり歌ったりできる、全ての時間が今は楽しみでドキドキしています。

――「サクラ大戦」ファンに向けて見てもらいたいポイントを教えてください。

関根さん:歴代の先輩方の歌謡ショウがあったりするので、色々な意味で注目されている舞台だと感じています。私たちは役者で、歌をメインに活動してきているわけではありませんが、今回の舞台では先輩方のような歌謡ショウとまではいかないかもしれないですけど、少しでも近づけるようなパワーや熱意を持って演じたいと思います。そういう気持ちの部分も見てもらえると嬉しいです。

――関根さんご自身のファンの方にはどんなところを見てもらいたいですか?

関根さん:私はこれまでアイドルとして活動させて頂いてきましたが、違う意味でのステージの輝き方というものは、今回のステージでしか見られないと思います。歌ったりお芝居する部分は新鮮だと思いますので、楽しみにしていただけたらなと思います。

――関根さんの得意なことやチャームポイントはありますか?

関根さん:私は身長が152cmと小さめなところがあって、動き方がぴょこぴょこしていると言われたことがあるんですよ(笑)。さくらも結構はねている部分が多かったりするので、ちょっと似ているのかなと思いますので、そういう部分は舞台でも出していきたいです。

――人力車に乗った感想を教えてください。

関根さん:人生で初めて人力車に乗ったのですが、まさか天宮さくらの衣装で乗れるとは思っていなかったので一生の思い出になりました。人力車に乗ると“新ゲキテイ”の音楽が流れるんですけど、あの曲を聴きながら浅草の街を観光できるという特別な時間が味わえるので、ぜひたくさんの方に乗ってほしいです。

――ゲームがいよいよ明日発売されますが、楽しみにしていることはありますか?

関根さん:今までやってきたゲームとは違い、自分が演じる役をプレイするというのはどんな気持ちなんだろう、とドキドキしていました。LIPSのようにさまざまな選択肢から選んで進んでいくのはすごく楽しみです。自分と重ね合わせて、いかにさくらちゃんに近づけるかということを想像しながらプレイしたいです。

――今回「新サクラ大戦」発売に際して色々なプロモーションを行われましたが、その中で印象的だったものを教えてください。

片野氏:全てが印象的ではあったのですが、個人としては3月末のセガフェスでタイトル発表をした時のファンの方々の熱い想いやうねりを感じられたのが一番衝撃的でしたね。その後もずっと変わらず同じ熱量、それ以上のもので皆さんからご支持頂けたので本当に幸せでした。これからも「サクラ大戦」の世界観を皆さんと一緒に楽しみながら盛り上げていきたいです。

――片野さんから「新サクラ大戦 the Stage」に期待していることを教えてください。

片野氏:実は僕まだ(稽古を)観れていないんですよね。ただ、メインのキャストさんは一通り存じ上げていまして、凄く素敵な方ばかりです。舞台単体で期待できる内容になるんじゃないかなと期待しています。後は(田中)公平先生がとても見ていただいているので、歌唱にも期待しています。今、関根さんからもお話を聞けて、凄く準備しているなということが感じられたのが凄く嬉しいですね。

――明日ゲームが発売され、その後もメディアミックス展開を行われますが、ファンの方に注目してほしいポイントを教えてください。

片野氏:過去の「サクラ大戦」でも広井王子さんをはじめとしたみなさんで色々な展開で盛り上げていただきましたが、「新サクラ大戦」に期待されていることは同じようなもの、もしくはそれ以上のものだと思います。プレッシャーは凄く感じていますが、なるべく応えていきたいです。ちょうどコミックとノベルが一週間後の12月19日に発売されますので、そういったところで形になって表れる展開を感じて頂きながら、今後にも期待して欲しいです。ステージやアニメも発表させて頂いておりますが、「サクラ大戦」というIPの中で頃合いを見ながら次の展開を発表していきたいと思います。

――片野さんも人力車に乗られましたが、どうでしたか?

片野氏:私も人生で初めて人力車に乗りましたが、まさか紋付袴で乗ることになるとは思いませんでした(笑)。一段高いところから見る世界が新鮮だったので、今度また個人的に乗ってみたいなと思いました。

(C)SEGA