桐谷健太×東出昌大W主演ドラマに比嘉愛未、風間杜夫、柳葉敏郎ら出演決定!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系で2020年1月16日にスタートする連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(木曜午後9:00)に、比嘉愛未、風間杜夫、柳葉敏郎らが出演することが分かった。

同ドラマは、桐谷健太演じる元体育教師の異色な刑事・仲井戸豪太と、東出昌大演じる東大卒の頭でっかちな超エリート検事・真島修平の異色バディが、仲良く衝突しながらも事件に挑む、コミカルかつ新機軸の事件解決バディドラマ。比嘉は豪太の妹にして、修平とペアを組む立会事務官の仲井戸みなみ役、風間は豪太のよき理解者であり、その行く末を温かく見守る神奈川県警横浜桜木警察署の署長・大貫誠一郎役、柳葉は修平の潜在能力を認めながらも、未熟な彼に重犯罪を担当させることはしない横浜地方検察庁みなと支部の部長検事・樫村武男役をそれぞれ演じる。

比嘉は役柄について「私と仲井戸みなみの共通点は、性格がハッキリしているところですかね。うそがつけず、ズバッと言ってしまうところは似ていると思います(笑)」と分析。また、桐谷と東出については「桐谷さんは男気があるといいますか、今回のお兄ちゃんの役柄と近い印象があります。東出さんも役柄と同じく、冷静に物事を見られるような大人な雰囲気もありつつ、実は無邪気な部分もあるのでは…?と感じています。お二人とも、お芝居もすごく柔軟性があって引きつける魅力がある方々なので、いい刺激をたくさん受けつつ、私も精いっぱいついて行けたらと思います」と意気込みを語った。

一方、桐谷&東出を見守る風間と柳葉は「桐谷健太さんは映画『パッチギ!LOVE&PEACE』(2007年)で共演して、真摯(しんし)な青年であったことがとても印象深い。あれから12年、俳優として大きく成長された彼と、またご一緒できることがうれしい。東出昌大さんは、彼の舞台を見に行った際に話す機会があったが、落語好きという共通点もあって、きっと視点が似ているに違いないとひそかに勝手な仲間意識を持った。楽しい現場になりそうだ」(風間)、「桐谷健太くんと東出昌大くんはすごく活躍されていて、とてもイキのいい2人。本読みの時も、『君の瞳をタイホする!』(1988年)で僕が陣内孝則さんとはっちゃけていた頃を思い出しましてね(笑)。2人からポップさと熱さを感じ、僕も置いていかれないように頑張りたいと思いました」(柳葉)とそれぞれ話している。

ほか、横浜桜木警察署捜査課で豪太の先輩となる捜査課課長役として矢柴俊博、捜査課刑事・桂二郎役として菅原大吉、修平をライバル視する横浜地方検察庁みなと支部の検事・日下直樹役として渋谷謙人、日下の立会事務官・森岡奈緒子役として奥山かずさ、ベテラン女性検事・持丸栄役として峯村リエ、持丸の立会事務官・亀ヶ谷徹役として西村元貴が決まった。そして真島修平や仲井戸みなみがよく通う飲食店「OKAZU-YA」のおかみ・宮沢かほり役として八木亜希子の出演も発表されている。