東京パラで公式記録映像を制作

IPC、NHK共同で

©一般社団法人共同通信社

東京パラリンピックの公式記録映像制作について記者会見し、握手する2020年東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長(右)、IPCのパーソンズ会長(中央)とNHKの上田良一会長=11日午後、東京都中央区

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は11日、東京パラリンピックの公式記録映像をNHKと国際パラリンピック委員会(IPC)が共同で制作すると発表した。NHKがドキュメンタリー番組として放送し、その映像をもとにIPCが映画に仕立て直して国内外で上映する。

 IPCが公式映像の制作に直接携わるのは初めて。IPCのパーソンズ会長は記者会見で「(上映により)障害者への理解、認識が大きく変わることを願っている」と話し、NHKの上田良一会長は「選手が困難を乗り越え未来を切り開く姿を、芸術性と創造性に富んだ視点で描く」と説明した。