米FRB、利下げ見送り

20年の金利、現状維持

©一般社団法人共同通信社

連邦公開市場委員会(FOMC)を終え、記者会見するFRBのパウエル議長=11日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は11日、金融政策を協議する連邦公開市場委員会で、主要政策金利を年1.50~1.75%に据え置くことを全会一致で決めた。景気悪化を防ぐため10月まで3回連続で実施した利下げを見送り、緩和効果を見極める。様子見の姿勢を当面続ける方針だ。

 来年の政策金利見通しでは、会合参加者17人のうち、13人は現状の金利水準を維持するのが妥当との考えを示した。残り4人は0.25%の利上げを見込む一方、利下げを予想する参加者はいなかった。

 パウエル議長は記者会見で米景気は「緩やかに拡大している」と説明した。