天草沖で覚醒剤600キロ押収 福岡県警など合同捜査本部

©株式会社熊本日日新聞社

天草市魚貫町の魚貫港に係留された密輸船=11日午後6時ごろ(谷川剛)

 福岡県警や税関、海上保安庁などの合同捜査本部が熊本県天草沖で船を使って密輸したとみられる覚醒剤約600キロを発見・押収していたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。末端価格は360億円にも上るとみられる。

 福岡県警などは11日、船内で覚醒剤を所持していたとして覚せい剤取締法違反容疑で3人を逮捕。ほか5人も密輸に関わったとして同法違反容疑で逮捕した。8人は台湾人や日本人で、台湾ルートでの密輸とみられる。海外から別の船で運ばれてきた覚醒剤を海上で移し替える「瀬取り」と呼ばれる方法を使ったとみられ、大規模な国際的密輸組織が関わっている可能性があるという。

(2019年12月12日付 熊本日日新聞夕刊掲載)