岡崎紗絵が「喪女」を告白!「猪又進と8人の喪女」今夜最終回!!

©株式会社東京ニュース通信社

お笑い芸人の森田哲矢(さらば青春の光)が主演と脚本監修を務め、岡崎紗絵がヒロインを演じる関西テレビの連続ドラマ「猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~」の12月12日(木曜深夜0:55、関西ローカル)放送の最終回では、いよいよ8人目の「喪女(もじょ)」をテーマにした小説を書くにあたり、アカリ(岡崎)が自分が喪女であることを告白。「私のことを書く」と猪又進(森田)に告げる。

同作では、森田演じる編集者・猪又進と岡崎演じる女流作家・アカリがいわゆる「モテない女性」である「喪女」をテーマに連載を書くことになり、個性あふれる7人の喪女と出会い、小説を執筆してきた。最終話でアカリは自分が喪女であることを告白し、「私のことを書く」と猪又に告げるが、いざ原稿用紙に向かってもまったく筆が進まず、「自分がどんな喪女か分からない」と言い出す。「誰かを好きになろうとしても、自分の気持ちに歯止めをかけてしまう」と、これまで恋愛ができなかった理由を明かすアカリに、猪又は好きになることから目をそらしてしまう「好き避け喪女」だと話し、これまでの喪女たちのように、アカリの過去にもトラウマがあるのではないかと、アカリが生まれ育った実家を訪れ、子どもの頃の思い出をたどっていく。

コメディタッチだったこれまでの7話とはがらりとテイストを変え、ヒューマンドラマタッチで描かれる最終回を前に、主演であり、脚本監修を務めた森田は「『リアリティーを意識しないと』と一番考えましたね。喪女の集大成として、アカリ先生が体を張って締めてくれます!」、ヒロインを演じる岡崎は「まさかの私が喪女でした(笑)。最終話はこれまで隠されていた事実がたくさん出てくるので、見どころたくさんですね! ここまでの7話分が大事なシーンでつながっていくので、ぜひおさらいしてから見ていただきたいですね」と視聴者にメッセージを送った。