おうちで簡単体操 毎日続けて、理想のカラダへ♪

©株式会社VOTE FOR

◆シリーズ No.8 『肩こり予防』~肩周辺のストレッチング~
コンディショニングコーディネーター 谷川哲也さん

☆肩周辺の筋肉をほぐしてあげましょう!
肩周りの動きが悪くなると、肩こりや頭痛を招き、酷くなると耳鳴りやめまいを引き起こす可能性があります。ストレッチを行い、筋肉の緊張をほぐしてあげましょう。

◇肩周辺のストレッチング(インナーマッスル)
(1)横になり、肘と肩が地面に着くようにすると自然と手が上がる状態になります。
Point!:畳や布団の上で行うと、肘を痛めずにストレッチすることができます。
(2)上がった手をもう片方の手で押さえるように力を加えます。
Point!:無理をして押さえすぎないようにしましょう。痛気持ちいいところまで押さえると効果的です。
この動作を繰り返します。

◎1日の目安:1~3セット(1セット:左右10~15回)

◇首周りのストレッチング
(3)頭の左側を右手で右側へ引っ張ります。
(4)反対側も同様に行います。
(5)頭をゆっくり回します。右回り左回りとどちらも行いましょう。
Point!:早く回しすぎると首を痛める可能性があります。

Point!
・呼吸を止めずに、自然な呼吸をするようにしましょう。
・引っ張る・回す時に今、どこが伸びているのかを意識して行いましょう。

◎1日の目安:1~3セット
(1セット:左右8~15秒ずつ、右回り左回り3~5周ずつ)