九州新幹線長崎ルートとは

©株式会社長崎新聞社

 博多-長崎の143キロを結ぶ。このうち、武雄温泉-長崎はフル規格での整備が進み、新幹線と在来線特急を武雄温泉で乗り換える「リレー方式」で2022年度に暫定開業する。当初、新鳥栖-武雄温泉は在来線を活用し、フリーゲージトレイン(軌間可変電車)を導入する計画だったが、開発難航などを理由に断念。長崎県とJR九州は同ルートの全線フル規格化を求めているが、佐賀県は新鳥栖-武雄温泉についてフル規格前提での協議に反発している。