竹野内豊、佐藤健、井之脇海の“ぎぼむす”男性3人のオリジナルストーリー配信!

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系で2020年1月2日放送の綾瀬はるか主演ドラマ「義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル」(午後9:00)の撮影がクランクアップを迎え、花束を贈られた綾瀬と、綾瀬の娘・みゆき役を演じる上白石萌歌が笑顔を見せた。

同作は、桜沢鈴氏による同名4コマ漫画を原作に、2018年7月クールに放送。主人公のキャリアウーマン・亜希子が8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと一生懸命に奔走、家族と過ごす10年間の日々を描いたもの。スペシャル版は連続ドラマの1年後をオリジナルストーリーで描く。

撮影は綾瀬が演じる義母・宮本亜希子の新たな勤務先である大阪からスタート、その後、おなじみの「ベーカリー麦田」がある商店街などでもロケが行われた。撮影のラストとなったのは、義母・亜希子と上白石演じる娘・みゆきの2人のシーン。オールアップのカットがかかり、花束を受け取った綾瀬は、「すごくこのドラマが大好きだったので、同じキャストの皆さん、スタッフの皆さんと一緒にまたこの宮本亜希子を演じることができて本当に幸せでした!」とコメント。上白石は「今回は親と子がテーマなので、子どもが素直に笑ったり、泣いたりできる素晴らしさや、それを支えるお母さんの偉大さを感じました。また、こうやってみゆきちゃんとして向き合えたことがうれしいですし、綾瀬はるかさんをはじめとした皆さんとまた新しいものを作れたことが、すごくうれしかったです」と話した。最後に綾瀬は「皆さんハードで大変な撮影だったと思いますが…お正月に、新年早々ハッピーなドラマで、2020年も良い年になりますように! そして皆さま、良いお年をお迎えください!」とあいさつした。

また、動画配信サービス・Paraviでは、このスペシャルドラマのParaviオリジナルストーリー「義母と娘の間のフェルマータ」を、「義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル」の放送後から3夜連続で配信。義母・亜希子と娘・みゆきに関係する男性3人、亜希子の亡き夫・宮本良一役の竹野内豊、亜希子に思いを寄せる(?)麦田章役の佐藤健、みゆきの幼なじみ・黒田大樹役の井之脇海を主演に迎え、3本立てで描く。2作は同じ時間軸で物語が進行するので、両ドラマがところどころで複雑に絡み合い、リンクするのも見どころとなる。