白沢歯科クリニック 矯正治療向け撮影スキャナー導入へ 歯型取り負担軽減に効果 子どものおう吐反射回避 3Dプリンターで器具制作短縮も

©株式会社中部経済新聞社

子どもに矯正について説明するスタッフ(右)

 白沢歯科クリニック(名古屋市守山区白沢町、佐藤広之進院長、電話052.799.8217)は、12月中旬に口内の歯型を撮影するスキャナーを導入する。歯型を取る際に粘土状の材料「アルジネート」を歯にかぶせずに済むため患者の不快感がなくなる。また、歯型データをパソコンで編集する3Dプリンターも導入し、矯正器具制作時間の大幅な短縮につなげる。