ふたご座流星群見えるかな

14~15日、太平洋側好天

©一般社団法人共同通信社

15日午前1時ごろの東京の星空。ふたご座流星群の流星は放射点から出現するように見える(国立天文台提供)

 冬の風物詩「ふたご座流星群」は今年、14日夜から15日未明に見頃を迎える。気象情報会社「ウェザーニューズ」(千葉市)によると、西日本や東日本の太平洋側は晴れるとみられ、観測できるチャンスが大きい。一方、日本海側はすっきりしない天気で難しそうだ。

 14日は日本海で発生した低気圧が東に進む。北日本を通過後は西高東低の冬型の気圧配置となり、日本海側を中心に雨や雪になる見込み。

 ふたご座流星群は出現する流れ星の多さから、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群とともに「三大流星群」の一つとされる。

ふたご座流星群の流星が出現するように見える放射点(ウェザーニューズ提供)