【英総選挙2019】 与党・保守党が単独過半数を獲得=出口調査

©BBCグローバルニュースジャパン株式会社

イギリス総選挙の投票が12日午後10時(日本時間13日午前7時)に投票が締め切られ、BBCは出口調査から、与党・保守党が下院(定数650)で単独過半数を獲得したとの予想を発表した。

出口調査によると、保守党は2017年の前回選挙から50増の368議席を獲得する見込みで、サッチャー政権以来の議席数になる予想。一方、労働党は191議席(71減)に議席を減らすとみられている。

労働党は、イングランド北部や中部で大きく後退したと見られている。

このほか、自由民主党は13議席、スコットランド国民党(SNP)は55議席、ウェールズ党プライド・カムリは3議席、緑の党は1議席となる見込み。また、ブレグジット党は議席を獲得できないとみられている。

調査はBBCと英民放ITVおよびスカイテレビのため、NOP・イプソスモリが全国144カ所の投票所で2万2790人から回答を得た。

出口調査は近年、実際の結果とほぼ一致している。2017年にはハング・パーラメント(宙吊り議会)を予想し、2015年には保守党が第1党となるとの結果が出ている。

イギリスでは通常、5年に1度総選挙が行われるが、今回は2015年と2017年に続き過去5年で3度目となる。また、12月に総選挙が実施されるのは1923年以来で初めて。

今回の選挙戦の焦点は、イギリスの欧州連合(EU)離脱に集中していた。

BBCのローラ・クンスバーグ政治編集長は、出口調査の結果が正確だった場合、ボリス・ジョンソン首相は2020年1月31日の期限までに離脱協定などを可決できるだろうと指摘した。

保守党にとっては1987年以来の大勝利となる一方、労働党は4回連続で政権を奪取できず、近年で最悪の結果となる見込み。

より正確な結果は13日午前中に明らかになる予定だ。

ブレグジット総選挙

ボリス・ジョンソン首相はブレグジット(イギリスのEU離脱)を最大の公約に掲げ、2020年1月31日の離脱期限までに協定を可決するため、過半数獲得を目指していた。

BBCの選挙報道番組に出演したプリティ・パテル内相は、「現在出ているものは見通しであり、正確な結果ではない」とした上で、「議会を席巻していた膠着(こうちゃく)状態を打破しブレグジットを実現する」という保守党のメッセージを「素晴らしい候補者ら」が広めてくれたと称賛した。

一方の最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首は、ブレグジットをめぐる2度目の国民投票を行い、離脱協定の再交渉かEU残留を選んでもらうと約束していた。

ただ、労働党は公共サービスや国民保健サービス(NHS)への投資拡大にも焦点を当てていた。

BBCの開票特番に出演した労働党のジョン・マクドネル影の財務相は、出口調査が正しければ「結果は労働党全体にとって非常に残念なものになるだろう」と語った。

また、「ブレグジットに話題が集中したため、厳しい戦いになるのは分かっていた」と述べた。

コービン党首が引責辞任するかとの質問には、「翌朝の結果を待ってから決定する」と答えた。

野党はまだら模様

自由民主党は、第1党となればEU離脱を中止すると約束していたが、出口調査の結果では1議席増にとどまった。

自由民主党は今回、EU残留派の票を集めるため、緑の党およびプライド・カムリと候補者を調整していた。

一方、SNPは議席を伸ばす見通しで、スコットランド独立に向けた2度目の住民投票への支持が集まったとしている。

(英語記事 Conservatives on course to win majority - exit poll