【英総選挙2019】 野党党首や大物議員が次々落選 二大政党党首は議席確保

©BBCグローバルニュースジャパン株式会社

イギリスで12日に行われた総選挙の開票が進み、大物議員の当落が続々と発表された。与党・保守党のボリス・ジョンソン首相と最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首は共に議席を維持したものの、野党・自由民主党のジョー・スウィンソン党首は149票差で議席を失った。

午前6時半(日本時間午後3時半)すぎの時点で、保守党は359議席(47増)を獲得。労働党は203議席(59減)となった。

ジョンソン首相は、「我々の『ひとつの国』保守政権は今夜、ブレグジット(イギリスの欧州連合離脱)実現へ強力な信任を得たようだ」と述べ、2020年1月31日に期限が迫る欧州連合(EU)離脱の実現を強調した。

一方、出口調査の結果を受け、コービン党首は次回選挙では労働党を率いないと表明した。

ジョンソン首相は、ロンドン西部のアックスブリッジ・アンド・サウスライスリップで再選を果たした。労働党候補に敗れる可能性が取りざたされていたものの、労働党候補に7210票差をつけての勝利だった。

ジョンソン首相は演説で、「我々の『ひとつの国』保守政権は今夜、ブレグジット実現へ強力な信任を得たようだ。それに加えて、この国を団結させ、国民健康サービスなど国民の優先事項に集中するため、信任を得た」と述べた。

ジョンソン首相は出口調査の結果が出た段階で、「私たちの偉大な国の各地で投票した人、ボランティアをした人、候補として出馬した人、皆さんどうもありがとうございます。私たちは世界最高の民主主義の国に暮らしている」と

している。

保守党では、テリーザ・メイ前首相ほか、閣僚らが議席を確保した。

一方、合意なしブレグジットに反対して保守党を追われ、無所属現職として出馬したドミニク・グリーヴ議員は、保守党新人に敗れた。

アメリカのドナルド・トランプ大統領は、「イギリスのボリスが大勝したようだ!」と、

で賛辞した。

コービン党首は敗北認める

ロンドン北部のイズリントン・ノース選挙区では、コービン党首が2万6000票差をつけて圧勝した。

演説では、家族や支持者に感謝した上で、「もちろん労働党にとっては残念な夜」だと敗北を認め、次の総選挙で労働を率いることはないと話した。ただし、直ちに辞任するのではなく、党の今後の方向性を自分が先頭に立って検討すると述べた。

また、ブレグジットがあまりに国内の議論を分断したため、正常な政策議論ができなくなったと指摘した。今後の党の方向性は自分が先頭に立って、党内で検討するという。

労働党はブレグジットをめぐる2度目の国民投票を行い、離脱協定の再交渉かEU残留を選んでもらうと約束していた一方、公共サービスや国民保健サービス(NHS)への投資拡大にも焦点を当てていた。

労働党は、長年の支持基盤だったイングランド北部や中部で大きく後退した。何十年と、あるいは1918年以来、労働党が勝ち続けたかつての炭鉱町などで、次々と保守党新人が勝ち、スー・ヘイマン影の環境相や、ジェニー・チャップマン影のEU離脱担当相など、党幹部が次々と議席を失った。

こうした中、党内ではコービン党首を初めとする党幹部に早急な引責辞任を求める声があがっている。

かつてトニー・ブレア元首相(労働党)の選挙区だった北東部セッジフィールドで立候補したフィル・ウィルソン議員も、保守党に議席を奪われた。

ウィルソン議員は

で、「労働党首脳陣が、敗因をブレグジットのせいにするのは、うそだらけのナンセンスだ」と批判。「ジェレミー・コービン氏のリーダーシップの方が大きな問題だった。それ以外が原因だなど、妄想だ。有権者の戸別訪問では、党幹への評価は鉛の風船のようにひどいものだった。労働党の首脳陣は責任をとる必要がある」と述べた。

他の野党でも大物落選

他の野党でも、著名議員の落選が相次いだ。

自由民主党のジョー・スウィンソン党首は、スコットランドのダンバートン・イースト選挙区でSNPの候補に149票差で敗れた。7月に同党初の女性党首に就任したばかりだった。

スウィンソン党首は演説で、保守党圧勝という結果はイギリス全土の数百万人の国民に「不安と失望」を与えるだろうと述べた。

また、自由民主党のチュカ・ウムナ議員は、シティーズ・オブ・ロンドンおよびウェストミンスター選挙区で保守党候補に敗れた。ウムナ議員は元労働党議員で、一時は党首候補とも目されていたが、現首脳陣の方針に反発して今年2月に離党した経緯がある。

北アイルランド・民主統一党(DUP)のウェストミンスター代表を務めていたナイジェル・ドッズ議員も、接戦で敗北。ノース・ベルファスト選挙区の議席をシン・フェイン党に譲った。

(英語記事 Corbyn: I will not lead Labour at next election/ Lib Dem leader Jo Swinson loses seat