日向坂46・上村ひなの、初の雑誌単独表紙に大抜てき!「おひさまサンサンの中とても楽しく撮影しました」

©株式会社東京ニュース通信社

日向坂46・上村ひなのが、2020年1月16日に発売される「blt graph. vol.51」で、自身初となる雑誌の単独表紙を飾ることが明らかとなった。

18年8月に坂道合同オーディションに合格し、唯一の新メンバーとして日向坂46(当時は、けやき坂46)へ加入。愛らしいビジュアルに反した独特の感性と言動で、冠番組でいきなり爪痕を残すなど話題をさらった。

そんな上村が、「blt graph.」20年最初の発行となる「vol.51」の表紙に大抜てき。さらに、巻頭のロンググラビアにも挑戦した。住宅街を散策したり、電車に乗って出かけたり……何でもないような日常を過ごす姿を切り取ったグラビアは、まるで学生デートを楽しんでいるかのよう。コミカルな動きとともに浮かべたいたずらっぽい表情、小花柄のワンピースを着てにこやかにほほ笑む姿、そして、思わずドキッとしてしまうほど近くで見せた切ない顔など、上村の魅力を存分に堪能することができる。

撮影を終え、上村は「初めて表紙を務めさせていただくことになりました。お天気もよくて、おひさまサンサンの中、とても楽しく撮影させていただきました。ぜひ見てください!」とアピールしている。